マンション管理会社の変更をお考えの方

今の管理にこんなご不満はありませんか?
  • 清掃がよくない。
  • 植栽の管理状態が悪い。
  • 長期修繕計画の説明がわかりにくい。
  • 管理員の態度や対応に不満がある。
  • 管理会社の対応に不満がある。
  • 担当者(フロントマン)の対応に不満がある。
  • 緊急時の対応が遅い。
  • 管理費等の滞納者が多い。

フロント担当者1名あたり平均管理棟数10棟以下で徹底した管理体制を実現!
今のマンション管理の不満を解決します!!

マリモコミュニティの強み

北海道から九州までの広範囲に及ぶ地域を網羅!
フロント担当者1名あたり平均管理棟数10棟以下として、マンション・お客様に密接な管理体制を構築!

  • 管理実績・管理拠点

    管理実績・管理拠点

    マリモコミュニティは全国各地で分譲マンションの管理を受託させていただき、設立以来、継続して管理受託規模を拡大し、現在では管理棟数は300棟、管理戸数は20,000戸を突破しております。

  • ポリシー

    ポリシー

    マリモコミュニティが責任をもって暮らしをサポートします。
    皆様の快適なマンションライフを創り上げるために、専門性を有するプロフェッショナルを配し、様々なサービスを提供いたします。


わずらわしい会計業務から皆様を解放します。

  • 会計業務

    会計業務

    管理費の収納や費用の支払いといった会計業務は複雑でわずらわしいもの。
    予算管理や決算、未収金の請求や法的対処…etc。わたしたちはこうした専門性の要求される業務を、管理組合のみなさまに代わって行います。
    更にISO9001:2008の認証を取得する等、高品質な会計サービスを提供します。


マリモコミュニティは建物保全のコンサルタントも担います。

  • 大規模修繕コンサルティング業務

    大規模修繕コンサルティング業務

    マンション資産価値を維持し快適な住環境を守るためには、建物の劣化状況を把握し定期的なメンテナンスを施していくことが大切です。
    築十数年を迎えるマンションでは大規模な修繕工事を実施して、建物全体をリフレッシュしていくことが一般的です。

  • 建物保全業務

    建物保全業務

    建物は住まいであり、大切な資産でもあります。その価値を維持するため、適切なメンテナンスが必要です。わたしたちは独自のシステムを用い、みなさまの思いや将来のビジョンを十分理解したうえで建物保全の提案をします。


365日24時間体制で、"もしも"にそなえています。

  • 緊急対応業務

    緊急対応業務

    天災や事故は昼夜時間をえらばず私たちを襲います。そんなもしものときにもマリモコミュニティは365日24時間対応。共用部分に設置された警報装置はオンラインで緊急センターや警備会社に結ばれており、異常発生に速やかに対応します。

  • 保険代理店業務

    保険代理店業務

    みなさまがお悩みになる保険のご加入についてもアドバイスします。 わたしたちには豊富な経験と知識があります。万一の事故の際の窓口として専門スタッフも配備。マンションの管理を受託するマリモコミュニティならではの迅速かつ的確な対応でサポートします。


管理会社変更の流れ

1.問題整理
問題整理

管理組合様にて、現時点での問題を洗い出していただきます。


2.見積依頼
見積依頼

マリモコミュニティへご相談いただき、マリモコミュニティならではの管理体制についてご説明させていただきます。
御見積に関しては現在契約中のマンション管理会社と締結する「管理委託契約書」(業務仕様書)や各種保守点検報告書等が必要となります。


3.現地調査
現地調査

正確な御見積作成の為、マンションの調査を行い、分析結果をもとに御見積を作成いたします。


4.管理計画書・見積書提出
管理計画書・見積書提出

管理計画書・見積書を作成し、理事会へご説明の上提出致します。


5.理事会での協議・決議
理事会での協議・決議

理事会でご協議していただき、管理会社変更を決議していただきます。


6.総会開催
総会開催

管理会社変更には、総会の決議が必要となります。
議案審議に先立ち、重要事項説明会を開催する必要がありますのでご協力下さい。


7.管理委託契約書の締結
管理委託契約書の締結

管理業務を行うにあたり、管理委託契約書を締結致します。


8.引き継ぎ開始
引き継ぎ開始

前管理会社を含め、管理業務の引き継ぎを行います。
引き継ぎ期間は概ね、3ヶ月をお願いしております。


9.管理業務開始
管理業務開始

引き継ぎが完了しましたら、当社の管理業務がスタートします。


よくあるご質問

管理会社の見直しを検討するキッカケはどのようなものでしょうか?

担当者(フロントマン)や管理員の仕事の不十分さや対応の遅さ、内容の割りに管理費が高いなどが見直しのキッカケになりやすいです。

管理会社を見直すためには、まず何から始めればよろしいですか?

現在の管理仕様や契約内容を管理委託契約書等で再確認した上で、不要な委託業務はないかなどを理事会で審査し、決定します。
このように条件の内容、要望を明確にしておくと見積もりの比較検討がしやすくなります。

管理会社を実際に見直すには、どのような手続きが必要ですか?

理事会で新管理会社を選定した後、総会決議が必要となります。
スムーズな管理会社の見直しには、事前の情報発信・合意形成が重要です。

ご利用者様の声

  • ご利用者様

    日常業務から理事会、総会の円滑なサポートまで、トータルに手伝ってくれるので信頼しています。


  • ご利用者様

    生活に必要なリフォームや保険相談までさまざまな情報提供がうれしいです。


  • ご利用者様

    全国20,000戸以上の実績で培ったノウハウは私たちに安全で、快適なマンション生活を提供してくれます。


  • ご利用者様

    マンション内でのイベント活動の提案やサポートに積極的で、居住者同士のコミュニケーションの機会が増えました。



ライフパートナーとして将来を見据えたご提案を致します。
マンション管理に特化したマリモコミュニティにお任せ下さい!