【マンション管理】エレベーターの保守管理ってどうしてる?

【マンション管理】エレベーターの保守管理ってどうしてる?

マンションの管理者は、色々なメンテナンスをするのも仕事のひとつだと思います。マンション設備の中でも、“エレベーター”は重要な設備の1つです。マンションの戸数によって1機だったり2機と異なりますが、上層階への移動にはエレベーターは欠かせません。このエレベーターに不具合が出ると、経験されている管理者も多いと思いますが、住人の方からのクレームは増えます。今回は、マンションのエレベーター管理について気をつけておくと良いポイントをご紹介します。

よくあるエレベーター故障

使用しているエレベーターによって、不具合は様々ですが次のようなトラブルが多いようです。

「エレベーター内で異音が聞こえる」という住人からのクレーム

エレベーターに乗ると、異音が聞こえるというクレームがよくあります。これは、“油切れ”が原因ということが多いです。油が切れている箇所は、“ガイドレール”と呼ばれるエレベーターを上下に導くレールのことです。この上下に誘導するレールにが油切れをしているのに、そのまま放置すると部品が故障したり、レールが傷ついてしまう原因になります。

「エレベーターが動作しなくなった」という住人からのクレーム

ボタンを押してもエレベーターが動作しなくなってしまった…。さらに住人の方が中に閉じ込められていた場合は、二次災害に発展してしまう危険性があるので早急に対応が必要です。停電以外でのエレベーター停止は、何処かに不具合が出ていたり、故障してしまった可能性があります。放置すれば人命にもかかわる事故に繋がる可能性もあります。いち早く故障の原因を追求し解消することが重要です。

エレベーターの故障を防ぐには

エレベーターの故障トラブルは、住人の方からのクレーム対応だけではなく、人命にもかかわりますので、トラブルになる前に未然に故障を防ぐことが重要です。よって、次のような対策が必要となります。

  •  メンテナンスを専門業者に依頼する
  •  定期的にマンションのエレベーターを実際に利用して、異音や気になることはないか自分の目や耳で確かめる

エレベーターの故障は住人の方のクレームも増えるだけではなく、人命にかかわるトラブルが発生する可能性もあり、トラブルが起きた後では遅いこともあります。未然に防ぐためにも、定期的なメンテナンスと、実際に乗ってみて確かめ、異常を感じた場合にはメンテナンス業者に早期連絡することが大切です。

コラム一覧